奥州・北上・金ケ崎・西和賀(愛称:日高見の国)定住自立圏第2期共生ビジョンについて

公開日 2020年05月15日

更新日 2020年05月15日

奥州・北上・金ケ崎・西和賀(愛称:日高見の国)定住自立圏の共生ビジョンを平成27年10月30日に策定しておりましたが、計画期間の5カ年が令和元年度で終了となったため、令和2年4月に第2期共生ビジョンを策定しましたので、公表いたします。
 

≪定住自立圏構想とは≫

我が国は、今後、総人口の減少及び少子化・高齢化の進行が見込まれています。今後は、三大都市圏でも人口減少が見込まれますが、特に地方においては、大幅な人口減少と急速な少子化・高齢化が見込まれています。

このような状況を踏まえ、地方圏において安心して暮らせる地域を各地に形成し、地方圏から三大都市圏への人口流出を食い止めるとともに、三大都市圏の住民にもそれぞれのライフステージやライフスタイルに応じた居住の選択肢を提供し、地方圏への人の流れを創出することが求められています。

市町村の主体的取組みとして、「中心市」の都市的機能と「近隣市町村」の農林水産業、自然環境、歴史、文化など、それぞれの魅力を活用して、NPOや企業といった民間の担い手を含め、相互に役割分担し、連携・協力することにより、地域住民のいのちと暮らしを守るため圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進する政策です。

≪定住自立圏形成協定とは≫

定住自立圏形成協定は、中心市宣言を行った中心市(奥州市及び北上市)と、その近隣市町村が、相互に役割を分担し、人口定住のための必要な都市機能や生活機能を確保、充実させる等、相互の自主性と自立性を尊重しながら圏域全体の活性化を目指し、住民が安心して暮らし続けることができる定住自立圏を形成することを目的に締結するものです。

≪定住自立圏共生ビジョン≫

奥州・北上・金ケ崎・西和賀定住自立圏第2期共生ビジョン[PDF:906KB] 

≪関連情報≫

総務省「定住自立圏構想」ホームページ

お問い合わせ

企画財政課
住所:〒029-4592 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南町22-1 金ケ崎町役場 3階
TEL:0197-42-2111
FAX:0197-42-4474

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード