新型コロナウイルス感染症対策本部長(金ケ崎町長)から皆さまへのメッセージ(令和3年6月25日)

公開日 2021年06月25日

更新日 2021年06月25日

 令和3年6月20日で、沖縄県を除き緊急事態宣言は解除されましたが、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県がまん延防止等重点措置区域に指定されており、いまだ安心できない状況が続いております。
 そのような中、関係医療機関各位と町民の皆さまのご協力により、当町の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種は計画どおり推移し、6月19日時点で、4,124回の接種を実施しております。あらためて皆さまに感謝申し上げます。
 町では、6月28日に16歳から64歳の方へ接種券と希望調査票を送付させていただき、8月中には接種を開始したいと考えております。接種希望の有無にかかわらず全ての方に希望調査票にご回答いただくことにより、接種希望者への日時指定を円滑に行うことができますので何卒ご協力をお願いします。
 また、既に接種日時が決まっている高齢者の方を含め、これから接種を受けられる町民の皆さまにおかれましては、円滑な接種遂行のため、次の点にご留意されますよう併せてお願いします。

1 入場案内は指定時間の10分前からになっておりますので、三密を防ぐためにも指定時間に合わせたご来場をお願いします。早く来て並ばなくてもワクチンは確保されております。

2 最初に0120を押さないことによるコールセンターへの間違い電話が多発しており、一般個人の方に多大なご迷惑をおかけしております。このため、令和3年6月29日以降は、コールセンターの番号を0120-800-417に変更させていただきますので、お間違えのないようにお願いします。

3 ワクチンの接種は強制ではありません。中には希望しても体質的に接種できない場合もありますので、接種しない方への差別や偏見、誹謗中傷することは絶対にやめてください。

4 ワクチンを接種した方は、新型コロナウイルス感染症の発症を高い確率で予防できるとされておりますが、ワクチンを接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかはまだ分かっていませんので、ワクチン接種後も引き続きマスクの着用などの感染対策の実践をお願いします。

 また、6月に入ってからの盛岡市での感染拡大を受けて、岩手県知事から次のことを徹底するよう要請がありました。
 再三お願いしていることと重複する内容ではありますが、今一度ご確認いただき必ず実践されますよう重ねてお願いします。

 1 手洗い、常時マスクの着用など基本的な感染対策の徹底
 2 三密だけでなく一密でも感染リスクが高まる場面の回避
 3 会食の場でも、会話の時はマスクの着用

 そして、最後に繰り返しのお願いとなります。感染者やその関係者を誹謗中傷することは大変恥ずべき行為であり、全国には実際にそのことで苦しんでいる方がいらっしゃることを心にとめて、お互いに思いやりの心を忘れないでください。そして、噂や不確かな情報を安易に信じたり広めたりすることは慎んでいただきますようお願いします。

 なお、発熱や咳など、少しでも気になる症状が出た場合は、外出を控え、
 ◆ 主治医のいる人は「主治医」
 ◆ 主治医のいない人は「受診相談センター(℡019-651-3175)」
 に速やかに相談して、指示に従っていただくようお願いします。

 その他新型コロナウイルス感染症に関する相談については、下記相談窓口のご利用をお願いします。
 【岩手県の相談窓口】
 〇一般相談 ℡019-629-6085(全日9時~21時)
 〇奥州保健所 ℡0197-22-2831(平日8時30分~17時)
 〇FAXによる相談(岩手県医療政策室) 019-626-0837

 

                令和3年6月25日
                金ケ崎町新型コロナウイルス感染症対策本部
                本部長 金ケ崎町長 髙橋 由一

 

 

お問い合わせ

保健福祉センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根鑓水98番地
TEL:0197-44-4560
FAX:0197-44-4337