新型コロナウイルス感染症に関する知事から県民の皆様へのお願い

公開日 2020年11月20日

更新日 2020年11月20日

 岩手県内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、令和2年11月19日の記者会見で、岩手県知事から次のとおり呼びかけがありましたので、町民のみなさまにおかれましても、この内容に基づいて行動されるようお願いします。

 本日(11月19日)は、盛岡市を中心に感染が増加している状況を鑑み、知事、市長が、県民、市民の皆さまに、お知らせやお願いをお伝えするために、この記者会見を設定いたしました。
 私からは2点です。
 1つ目はクラスター対策への協力のお願いと、2つ目は感染の増加を踏まえた感染対策の徹底です。
 今月(11月)に入って、盛岡市内の飲食店でクラスターが発生し、多くの感染例が報告されているところであり、感染された方々には早期の御快復をお祈り申し上げます。
 クラスターが発生した店舗については、クラスター対策について店舗の御理解をいただき、店名を公表しているところであり、それぞれの対象時期に店舗を利用された方は、お住まいの地域の保健所まで、ご連絡をいただくようお願いします。

 現在、岩手県においても全国の感染者数の増加に連れて、感染の確認が増加しており、11月に入ってからは感染源の推定が困難な事例が増えています。
 この感染症は、発症2日前からも感染させること、無症状の方であっても感染させてしまうことがありますが、手洗い、咳エチケット、室内の換気等の基本的な感染対策を丁寧に行うことで、感染リスクを確実に下げられることがわかっています。
 感染をこれ以上拡大させないために、県民の皆さま、来県される皆さまに、お願いすることは、これまでお願いしてきた感染対策の徹底です。
 手洗い、咳エチケット、室内の換気、湿度の調整等の基本的な感染対策に加え、
  ・「県民や来県される方々」には、常時マスクの着用、三密を伴う会合等の回避
  ・「事業所」には、業種別ガイドラインによる感染対策の徹底、従業員の体温測定や自覚症状等の健康状態等の記録
  ・「接待を伴う飲食店の利用者と従事者」には、「もしサポ岩手」や「COCOA」等による接触情報、連絡先情報の記録
  ・「医療機関」には、発熱等の症状のある方への積極的な検査の実施をお願いします。

 最後に、これまでも強くお願いしておりますが、患者やその関係者に対する思いやりの気持ちを持ち、誹謗中傷は行わないこと、また、医療関係者をはじめ県民生活に不可欠なサービスの提供に従事頂いている皆さまに、感謝と思いやりの気持ちを持って応援してくださることをお願いします。

お問い合わせ

保健福祉センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根鑓水98番地
TEL:0197-44-4560
FAX:0197-44-4337