国指定史跡鳥海柵跡第24次発掘調査「現地公開」をいたします!

公開日 2020年10月30日

更新日 2020年11月09日

国指定史跡 鳥海柵跡 第24次発掘調査「現地公開」をいたします!

鳥海柵跡は平安時代(11世紀)、奥六郡(現在の奥州市から盛岡市にかけての内陸部)で勢力を誇っていた

豪族安倍氏の拠点の一つで、国の指定を受けている金ケ崎町の特別な史跡です。

この史跡の解明のため今年度も発掘調査を行っています。

以下の期間で調査成果を現地公開いたしますので、ぜひ足をお運びください。


公開期間:令和2年11月10日(火)~12日(木) 10時~15時 (12時~13時を除く)

公開場所:金ケ崎町原添下 地内 (駐車スペース:鳥海柵跡内 )

※ご来跡の際はマスクの着用をお願いいたします。

※足元が悪いので長靴の持参をお勧めします。

※天候により公開を中止している場合があります。

 

現地公開[PDF:862KB]


*資料はコチラからどうぞ↓*

現地公開用資料(ダイジェスト版)[PDF:2MB]

現地公開資料[PDF:1MB]

遺構配置図1_400[PDF:839KB]

調査区略測図[PDF:1MB]

SD2断面図[PDF:7MB]

お問い合わせ

中央生涯教育センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南羽沢55
TEL:0197-44-3123
FAX:0197-44-3125

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード