金ケ崎町訪問団が交流30周年を迎えた長春市を訪問しました

公開日 2018年08月14日

更新日 2018年08月14日

 当町と中国長春市は平成元年(1989年)2月に友好都市を締結して以来、今年度で30周年を迎えました。これを節目とし、町民にとって長春市との交流がより身近なものとなる一助として金ケ崎町・長春市友好交流30周年記念友好の翼を実施し、公式訪問団4名、町民訪問団7名の計11名が長春市を訪問しました。公式訪問団は金ケ崎町・長春市友好交流合意書の締結を行ったほか、小野寺副町長による当町の生涯教育に関する講義や、長春市計画館、偽満皇宮博物館等の見学のほか長春市政府と懇談を行いました。

 

・7月31日

 長春市に到着。地元テレビ局が副町長を囲み、インタビューが行われました。その後、長春市計画館にて、長春市の歴史、経済等について説明をうけ、長春市外事弁公室を訪問。長春市外事弁公室主催で開かれた交流会では、以前、長春市市民訪問団として金ケ崎町を訪問した方や、日本企業とも温泉事業等で連携のある企業代表者や自動車関係の物流会社経営者等も参加され、当町から訪問した企業クラブの方々とも交流を行いました。 

 インタビュー 

  ・副町長インタビューの様子

 囲炉裏

  ・当町から寄贈した囲炉裏を囲んでの長春市外事弁公室との懇談

 

 ・8月1日

 小野寺副町長が生涯教育に関する講義を行い、長春市外事弁公室や教育局等の政府関係者、大学生など約200名が聴講しました。英語教育や公務員教育などについて質問が出され、当町の教育について理解を深めていただく機会となりました。

  ・生涯教育に関する講義の様子

講演会 講演会2

 

 午後には長春市政府が運営するコミュニティ施設や、満州国皇帝・愛新覚羅溥儀が執政していた建物などが残る偽満皇宮博物館を見学。夕方からは長春市人民代表会議 甘琳 副主任(副議長)を訪問し、長春市における人口動態や経済情勢、環境施策等について意見を交えました。 

  ・歴史的な景観を残す長春市

   

 

 その後、当町と長春市との国際交流に係る今後5年間の交流について協議が行われ、小野寺副町長と長春市外事弁公室の斉主任により合意書を取り交わしました。

  ・調印式の様子

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

中央生涯教育センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南羽沢55
TEL:0197-44-3123
FAX:0197-44-3125