定住自立圏の形成に向けた取組みについて

公開日 2017年10月29日

更新日 2017年11月22日

金ケ崎町では、奥州市・北上市・西和賀町との定住自立圏形成に向けた取組みを行っており、奥州市及び北上市との協定を締結するため、金ケ崎町議会の議決すべき事件に関する条例の規定により、平成27年9月議会定例会に提案することとしました。
 このことから、町民の皆様に対し、あらかじめ定住自立圏形成協定(案)の趣旨及び具体的内容を公表いたします。


≪定住自立圏構想とは≫

 地方圏において安心して暮らせる、魅力ある地域を形成し、地方圏への人の流れを創出するための取組みです。

≪定住自立圏形成協定とは≫

 定住自立圏形成協定は、中心市宣言を行った中心市(奥州市及び北上市)と、その近隣市町村が、相互に役割を分担し、人口定住のための必要な都市機能や生活機能を確保、充実させる等、相互の自主性と自立性を尊重しながら圏域全体の活性化を目指し、住民が安心して暮らし続けることができる定住自立圏を形成することを目的に締結するものです。

 

定住自立圏形成協定書(案)[PDF:227KB]

 

※定住自立圏については、総務省のホームページをご覧下さい。
定住自立圏構想(総務省)
 

お問い合わせ

総合政策課
住所:〒029-4592 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南町22-1
TEL:0197-42-2111
FAX:0197-42-4474

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード