住みよい環境作りのために、金ケ崎町横道谷地地区宅地開発指導事業を実施しております。

公開日 2017年10月29日

更新日 2017年10月29日

金ケ崎町では、良好な都市環境を整備するため、住居系の用途地域を指定している横道・谷地地区(約180ha)を対象にまちづくり整備計画を策定し宅地開発要綱を制定し、平成16年4月1日より施行しております。 
 宅地開発について一定のルールを設けないと、「行き違い道路」、「行き止まり道路」、「幅の狭い道路」ができてしまい、消防車や救急車などの緊急車両の通行に支障が出てしまいます。このことから、町ではあらかじめ道路計画と水路計画を定め、宅地を開発する開発事業者の方のご協力により計画道路等を整備していただくために、「金ケ崎町宅地開発指導要綱」制定しております。この区域内で開発事業を行う場合は、事前に申し出をして必要な指導を受け、その後協議書を提出しなければならないこととなっております。
 これらの計画道路等の整備にあたり、金ケ崎町はコンクリート二次製品の支給、計画道路用地の買い取りを行います。開発事業者は計画道路に係る工事費の一切を負担して頂きます。(既存の道路が4mに満たない場合は用地の一部を寄附して頂きます。)

要綱

宅地開発指導要綱[PDF:358KB]

 

担当:建設課 建設整備係

 

お問い合わせ

建設課
住所:〒029-4592 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南町22-1
TEL:0197-42-2111
FAX:0197-42-4530

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード