避難時の心得について

公開日 2017年07月21日

更新日 2017年11月14日

1.安全な避難路の確認を

避難場所までの経路(避難路)は、あらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。

2.非常持ち出し品の事前準備を

避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備しておきましょう。

3.自主的に避難準備を

ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。雨に降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら、自主的に避難準備をしましょう。

4.避難の呼びかけに注意を

危険が迫ったときには、町役場や消防署・消防団からの非難の呼びかけをすることがあります。呼びかけがあった場合には、速やかに避難してください。

5.避難する前に

避難する前に、電気・ガスなどの火元を消し、避難場所を確認しましょう。また、親戚や知人などに避難する旨を連絡しておきましょう。

6.お年寄りなどの避難にご協力を

お年寄りや子供、病気の人は、早めの避難が必要です。近所のお年寄りや子供、病気の人などの避難に協力しましょう。

7.動きやすい格好、2人以上の避難

避難するときは、動きやすい格好で、2人以上での行動を心がけましょう。

8.自分の命を第一に!

避難命令が出ているにも関わらず、確認のために自宅に戻る等の行為はやめましょう。

お問い合わせ

生活環境課
住所:〒029-4592 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南町22-1
TEL:0197-42-2111
FAX:0197-42-3122