水道が故障・凍結したときは

公開日 2017年07月21日

更新日 2017年12月19日

水道が故障したときは

 応急手当をして、金ケ崎町指定給水装置工事事業者へ依頼してください。どうしても連絡がつかない場合は、水処理センターにご相談ください。

水道の凍結防止

 蛇口や水道管、水道メーターが寒さのために凍ると、破裂やヒビ割れを起こし、貴重な水を無駄にするばかりか、工事費用など経済的にマイナスになることがあります。蛇口や水道管が凍らないよう保温材等を取り付けて、寒さから守ってあげましょう。

水道管が凍るのを防ぐには

 ・水道管に保温材などを巻いて保温してください。
 ・水抜栓をしめて、水抜きをしてください。(このとき、蛇口をあけてください。)

水道管が凍ったとき

・タオルや布をかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。
 (注意)急に熱湯はかけないこと
・金ケ崎町指定給水装置工事事業者に解凍を依頼してください。

水道管が破裂したとき 

 水抜栓をしめて金ケ崎町指定給水装置工事事業者へ修理の申し込みをしてください。

漏水かどうかの確認は自分で出来ます 

 前月に比べて、急に使用量や水道料金が増えたときは、漏水していることがあります。家中の水道の蛇口を全部しめて、メーターの中の星印(パイロットマーク)が回っているようだと、家の中のどこかで漏水しています。すぐに修理を申し込んでください。   

金ケ崎町指定給水装置工事事業者名簿

 平成29年9月現在135社あります。詳しくは水処理センターへお問い合わせください。
  

お問い合わせ

水処理センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根揚場後22番地2
TEL:0197-44-2136
FAX:0197-44-2670