国民年金

公開日 2017年07月21日

更新日 2018年03月22日

国民年金に加入しなければならない人

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人は、必ず国民年金に加入することになっています。

国民年金の加入者のことを被保険者といい、職業等により次の3種類に分けられます。

▲第1号被保険者

農業・自営業者、その配偶者、勤めていても厚生年金などに加入していない人、無職の人、学生など

▲第2号被保険者

厚生年金や共済組合に加入している人

▲第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人 

国民年金保険料

▲第1号被保険者(平成29年度現在)

定額保険料(月額) 16,490円
付加保険料(月額)    400円

国民年金保険料の納め方

保険料の納付期限は「納付対象月の翌月末日」です。期限までに納付書に現金を添えて、金融機関・郵便局・コンビニエンスストアの窓口で納めてください。                      また、口座振替で納める方法もあります。口座振替の申し込みは、通帳、届出の印鑑、最新の国民年金保険料納付通知書を持って、口座のある金融機関または郵便局にて手続きを行ってください。     その他に、クレジットカード納付、電子納付(ペイジー)もできます。    

国民年金保険料を納めるのが困難なとき

失業や所得の減少等により保険料を納めるのが困難ときは、本人の申請により、保険料納付が免除または猶予される制度あります。(所得等の要件あり)                        免除等の申請には、二種類あります。保険料の納付が困難なときは、住民課国民年金係へご相談ください。

▲国民年金保険料免除・納付猶予申請(一般の方)

申請書に必要事項を記入し、住民課国民年金係へ提出してくだい。なお、失業等による免除申請の場合は、「離職票」または「雇用保険受給資格者証」のコピーを添付してください。

▲国民年金保険料学生納付特例申請(学生の方)

申請書に必要事項を記入し、「学生証のコピー」または「在学証明書(原本)」を添付し、住民課国民年金係へ提出してください。

※ 未納(保険料を納めない)ままにしておくと、将来年金が受け取れなくなる場合があります。保険料納付が困難なときは、免除申請等の手続きを行うようにしましょう。

任意加入制度

老齢基礎年金の受給資格期間に満たなっかた人、満額の年金に近づけたい人のために、60歳から65歳の誕生日前月まで任意加入ができます。また、外国に住んでいる20歳から65歳までの日本人も加入できます。いずれも、申出のあった月からの加入となり、それ以前に遡っての加入はできないのでご注意ください。 

 

お問い合わせ

住民課
住所:〒029-4592 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根南町22-1
TEL:0197-42-2111
FAX:0197-42-2580