新型コロナウイルス感染症に関する情報について

公開日 2020年02月03日

更新日 2020年02月03日

中華人民共和国湖北省武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスに関連した肺炎は、感染地域が拡大し、国内でも複数の患者が確認されています。
このことをうけて、新型コロナウイルス感染症を「指定感染症」に指定する政令が公布され、令和2年2月1日に施行されました。
これにより、感染症法で規定された2類感染症と同等の措置が可能となり、入院の勧告や就労制限など、感染拡大防止に必要な措置が取られることとなります。
コロナウイルスとは

岩手県から感染予防策が示されておりますので、町民のみなさまにおかれましては、下記の事項について、ご理解とご協力をお願いします。

【感染予防策】
新型コロナウイルス感染症は、ヒトからヒトへの感染も確認されていることから、感染を防ぎ、感染の拡大を防止するためには、予防策をより一層徹底することが必要です。
コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染や、ウイルスで汚染された手指等を介して接触感染するとされており、予防策としては、咳エチケット手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。
武漢市を含む湖北省から帰国・入国された方においては、入国してから2週間の間に、発熱や咳など呼吸器症状がある場合には、マスクを着用するなどの咳エチケットを実施の上、速やかに奥州保健所に連絡・相談のうえ、医療機関を受診するようにしてください。その際、武漢市を含む湖北省に滞在していたことを申告してください。
 なお、受診方法や帰国後の対応など、ご心配やご不明な点は、最寄の保健所に御相談ください。
正確な情報に基づき、過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底など通常の感染症対策に努め、冷静な対応をお願いします。
 
なお、国や関係機関の情報が岩手県のホームページに掲載されていますので、こちらをご参照ください。 岩手県ホームページ

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉センター
住所:〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根鑓水98番地
TEL:0197-44-4560
FAX:0197-44-4337