〜藩境の緑ゆたかな要害〜
金ケ崎町城内諏訪小路
重要伝統的建造物群保存地区
 
 
 江戸時代、仙台藩は城の代わりに各地に「要害」「所」「在所」を置き、重臣とその家臣団を配置して、治めさせました。これを仙台藩の「要害制」と呼びます。金ケ崎要害は「仙台藩21要害」の1つで、仙台藩の北端を守る防御の要でした。金ケ崎要害歴史館は、この金ケ崎要害の歴史文化について紹介する施設です。
 
    
新着情報
・第6回企画展を開催します。
 
 
        施 設 概 要
 

 敷  地  面  積 :5,273u
 建 物 延 べ 面 積 :733.87u
 展 示 棟(増築部):244.80u
 管理棟(増改築部):489.07u
 建  物  外  観 :侍住宅と付属屋をイメージ
 工期:平成25年7月31日〜平成26年5月30日
 
 【外観】
 
  【展示室】
  
 【エントランスホール・語らいの場】
 
 【多目的室】
 
 
         ご 利 用 案 内
 

  開館時間:午前9時〜午後5時
  休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌日)
       年末年始(12月29日から1月3日)
  観 覧 料:一般200円(20名以上の団体150円)
       高校生以下無料
 
 
          交 通 案 内
 

  電 車:JR金ケ崎駅より徒歩約15分
  バ ス:岩手県交通 下城バス停より徒歩5分
   車 :北からは、北上金ケ崎ICより10分
      南からは、水沢ICより5分
 
 金ケ崎要害歴史館施設パンフレット(PDF)
 
         お問い合わせ
 

金ケ崎要害歴史館
〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根達小路2番地1
TEL 0197-42-3060  FAX 0197-42-3061
 
PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は下記のアイコンをクリックしてください。
無料でダウンロードできます。