イベント案内
 
■第6回企画展を開催します。

 金ケ崎要害歴史館第6回企画展「鎮守府胆沢城と在庁官人安倍氏の館 鳥海柵」を開催します。
 安倍氏について、近年の研究では長元9年(1036年)に安倍頼良の父が陸奥権守に任命され、この地に住みついた説が有力視されています。発掘調査の結果、この時代には胆沢城が機能していないことから、鳥海柵が胆沢城の役割を果たしていた可能性が指摘されています。企画展では双方の城柵の遺構や遺物を比較しながら、その謎を検証します。
 また、企画展にあわせ今年度実施した鳥海柵跡とその周辺遺跡の発掘調査の速報展示も行います。

期 間  平成28年12月22日(木)〜平成29年3月26日(日)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日)

観覧料 200円(20名以上の団体150円)、高校生以下無料

   「チラシ(PDF)」