トップページ金ケ崎診療所>禁煙外来

禁煙外来
   

喫煙は肺がんを含め多くの臓器の発癌性を高め、呼吸器では肺気腫に代表される慢性閉塞性肺疾患(将来的に在宅酸素療法が必要になる可能性あり)を引き起こし、更に脳卒中や虚血性心疾患の原因である動脈硬化も生じます。また、女性では特に気になるであろう老化を早めたりもします。
 このような害は喫煙者のみならず、副流煙によって子供や妊婦へも影響するといわれ、社会的問題になっております。
 当診療所では禁煙を希望する患者様を応援すべく平成2210月より禁煙外来を開始しました。
 現在、ニコチンパッチに加え内服薬(チャンピックスR)による禁煙治療も行っており、いずれにおいても治療成績は上々で、ともに健康保険が適応となっております。保検での禁煙治療ではパッチで総額(3か月で)12,000円程度、内服薬で18,000円程度であり、現在400円のたばこを11箱吸っている方であれば、1か月、あるいは1か月半のたばこ代で治療する事ができる計算になります。

 禁煙を希望される方はお気軽に看護師に声をかけてください。

ニコチンパッチ



内服薬